絶景バナー

絶景名のタイトル
関門橋(福岡県・北九州市)


 
絶景名所の画像

 
絶景名所の画像

  
 本州と九州とが「陸続き」となったのは、1942年7月1日に開通した鉄道トンネルの関門トンネルの下り線に始まる。その後、1944年8月8日に関門トンネルの上り線が、1958年3月9日には国道2号線の関門トンネルが、そして、1975年3月10日には山陽新幹線の新関門トンネルが、それぞれ開通している。そうしたなかで、関門海峡の最狭部である下関市壇之浦と北九州市門司区門司(和布刈(めかり)地区)を結ぶ橋として建設されたのが関門橋。1973年に開通した、橋長1068mという大規模な橋で、当時は、最長だった若戸大橋(橋長627m)をしのぐ、日本一、しかも東洋一の長さを誇る橋となった。日中に見る関門橋の姿も素晴らしいが、夜景となると、その美しさは一段と増す。橋全体にイルミネーションが施され、橋脚部からもライトアップされる。ビュースポットは「めかり第2展望台」。北九州市門司区和布刈地区にある公園で、園内には門司城跡がある。下関市や門司区の夜景も見渡すことができるポジションで、とくに関門橋のライトアップを間近で眺められる夜景スポットとして人気がある。ちなみに、下関市側からは、関門橋の近くにある火の山、山頂である「火の山公園」からの展望台からも夜景が楽しめ、ここは屋内施設となっており最上階の展望室からは360度、下関の夜景を夜景を眺めることができる。例年8月13日には海峡花火大会が開催されるが、ビューポイントなので混雑ぶりはかなりのもの。 
2018イベント情報:
 例年8月13日には海峡花火大会を開催
ケイ線の画像

見頃情報: 見頃の情報・西日本の見頃
特に夕焼けから日没までの時間帯は大型船の航行を見たり、門司港の夜景が見える。
ケイ線の画像

住所:北九州市門司区大字門司
ケイ線の画像

HP: 北九州市建設局公園緑地部HPへ
ケイ線の画像

TEL:093・321・6110
(門司港駅観光案内所)
ケイ線の画像

料金:無料
ケイ線の画像

営業時間:随時
ライトアップ点灯時間
5~ 8月  20:00~23:00
9~10月  19:00~22:00
11~ 1月 18:00~21:00
2~ 4月  19:00~22:00
ケイ線の画像

定休日:無し

アクセス:JR鹿児島本線門司港駅から和布刈行きバス乗車、和布刈公園前バス停乗り換え、めかり山荘経由和布刈行きバス乗車、めかり第二展望台バス停下車すぐ。
 
○火の山公園へは、
JR下関駅から火の山行きバス15分「火の山ロープウエイ」下車、徒歩30分
ケイ線の画像

車:○めかり公園第2展望台へは、九州自動車道・門司港ICから10分
○火の山公園へは九州自動車道・下関ICから県道57号線経て15分  
ケイ線の画像

駐車場:
○めかり公園第2展望台は有り
○火の山公園は有り山頂に立体駐車場(無料)
ケイ線の画像

絶景名所の画像
 

バナーの画像
HOME | 関門橋

西日本編

リンクボタン