絶景バナー

絶景名のタイトル
御輿来海岸(熊本県・宇土市)


絶景名所の画像
 
 
絶景名所の画像

  
 宇土半島北岸に位置する御輿来海岸(おこしきかいがん)は、干潮時、干潟に美しい砂紋が現れることで知らる。名前の由来は、景行天皇が九州遠征の際、美しい海岸線が目に留まり、しばし御輿を駐め見入られたという伝説から。有明海は干満の差が日本一で、干潮時には2km以上沖合まで潮が引き、砂地には風と波による美しい曲線美の砂紋が現れる。とくに干潮と夕陽がかさなる光景は、年間でも数日の絶景で、夕陽に照らされ干潟は黄金の輝きを見せ、見頃は1月~4月と言われる。この時には多くのカメラマンが訪れるほどの名所で夕日がすごく映えて見られる場所としても知られ「日本の渚百選」、「日本の夕日百選」にも選定される景勝地でもある。また、夕陽の先の有明海には長崎県の雲仙普賢岳がシュルエットなって見ることができる。 
2018イベント情報:
 
ケイ線の画像

見頃情報: 見頃の情報・西日本の見頃
見頃は1月~4月
干潮時間や日の入り(夕日)の時間を確認することが出来ます。
干潮時間や日の入りの時間HPへ
ケイ線の画像

住所:熊本県宇土市下網田町
ケイ線の画像

HP: 宇土市経済部商工観光課HPへ
ケイ線の画像

TEL:0964-22-1111(内線612・613)
(宇土市経済部商工観光課)
ケイ線の画像

料金:無料
ケイ線の画像

営業時間:随時
ケイ線の画像

定休日:無し

アクセス:JR三角線網田駅から徒歩で15分
ケイ線の画像

車:九州自動車道「御船IC」から 国道50号、57号線 経由で約1時間
ケイ線の画像

駐車場:有り、無料
ケイ線の画像
 

バナーの画像
HOME | 御輿来海岸

西日本編

リンクボタン