桜の名所の画像

絶景名のタイトル
横浜ベイブリッジ(神奈川県・中区・鶴見区)


絶景の画像
 
絶景の画像

 
  本牧埠頭A突堤(中区)と大黒埠頭(鶴見区)とを結んでいる路線で、大黒JCTと本牧JCTの間にある海上部が横浜ベイブリッジ。その上層部は首都高速湾岸線、下層部は国道357号となっている。上層部も下層部も125cc以下のバイクは通行できない。じつは、歩道がないために、徒歩で渡ることもできない構造になっている。長さ860mを誇る、世界最大級の斜張橋で、平成元年(1989年)の開通以来、横浜のシンボル的存在。青白くライトアップされた姿は、横浜の夜景の定番。日没から深夜24時まで264灯の投光器で主塔部分をライトアップ。とりわけ、毎時20分と50分から10分間ライトアップがブルーに変わるようすは幻想的でさえある。なぜ青くライトアップされるかといえば、いしだあゆみの大ヒット曲「ブルーライト・ヨコハマ」に由来するという説もある。横浜ベイブリッジの夜景を楽しむのなら、客船ターミナルがある大さん橋からがおススメ。あるいは「よこはまコスモワールド」にある最高地点112.5mの大観覧車のコスモクロックから眺めるというのも一興。さらに遠いが「港の見える丘公園」からの夜景も美しい。かつては横浜スカイウォークという展望施設があったが、現在は閉鎖されている。 
2018イベント情報:
 
ケイ線の画像

見頃情報: 見頃の情報・東京・神奈川の見頃
日没後点灯し、24時までベイブリッジの白色をそのまま照らし出し、24時までの毎50分から正時まで、毎20分から30分までの各々10分間は主塔の先端部約40メートルを青色に照らします。
ケイ線の画像

住所:神奈川県横浜市中区・鶴見区
ケイ線の画像

HP: 横浜観光コンベンション・ビューローHPへ
ケイ線の画像

TEL:045-221-2111
(横浜観光コンベンション・ビューロー)
ケイ線の画像

料金:無料
ケイ線の画像

営業時間:随時
ケイ線の画像

定休日:無休

アクセス:大さん橋なら、みなとみらい線「日本大通り駅」下車徒歩約7分(3番出口)
横浜市営地下鉄/JR「関内駅」下車徒歩約15分
ケイ線の画像

車:大さん橋まで首都高速横羽線 横浜公園ランプから約3分
ケイ線の画像

駐車場:大さん橋の1階フロアは、すべてが駐車場。1時間まで 500円。24時間いつでもオープン。
ケイ線の画像
 
絶景の画像
 

バナーの画像
HOME | 横浜ベイブリッジ

関東編

リンクボタン