head内
  
東北の絶景バナー

絶景名のタイトル
花見山福島県・福島市)


絶景の画像

 
絶景の画像

 
 日本を代表する写真家の故・秋山庄太郎氏が「福島に桃源郷あり」と毎年訪れていた場所としても知られる名所。一年を通して美しい花が咲き誇り、サクラ、レンギョウ、モモ、ボケ、モクレンなど約70種類の花が咲き誇る。ここは花卉園芸農家の私有地の公園。戦時中、生活のために雑木林を開墾し、花木を植えたのが始まり。昭和25年代後半になると開花期には山が一面の花で埋まるようになり、その美しさから評判になり、「自然の花の美しさを一人で見るのはもったいない。 この喜びを万人のものとしたい」との願いで昭和34年4月には一般の人のために畑を無料公開。特に春の花見シーズンには、多くの観光客を集めている。中でも4月上旬から咲くトウカイザクラが素晴らしく、さらに華やかさが増すモモが咲き始める4月中旬が一番のおすすめ。4月初旬から下旬まで一般車両の進入規制が行われ、一般車両駐車場とを結ぶシャトルバスのバスが運行される。 
2018イベント情報:
ケイ線の画像

見頃情報: 見頃の情報・東北の見頃
4月中旬~下旬
ケイ線の画像

住所:福島県福島市渡利
ケイ線の画像

HP: 福島市HP
ケイ線の画像

TEL:
024-522-3265(福島市観光案内所東口)
024-531-6428(福島市観光案内所西口)
ケイ線の画像

料金:無し
ケイ線の画像

営業時間:随時
(一般農家のため深夜から早朝の鑑賞はご遠慮ください)
ケイ線の画像

定休日:無し

アクセス:JR東北本線・奥羽本線ほか「福島駅」から渡利循環バスまたは渡利南回りバスで約14分、「花見山入口」下車、徒歩25分 
※最盛期には東口より「花見山臨時直行バス」が運行され、下車より徒歩10分
ケイ線の画像

車:東北道福島西ICから国道115号・4号・114号バイパス経由約30分
ケイ線の画像

駐車場:1000台
環境整備協力金として乗用車一人500円、マイクロバス一台5000円、大型バス10、000円
ケイ線の画像
 

バナーの画像
HOME | 花見山

東北編

リンクボタン