東北の見頃情報 

(青森・岩手・秋田・宮城・山形・福島)
 

2018年1/17現在
●弘前公園の見頃情報
(青森県・弘前市)

現在、園内の積雪があり、美しいライトアップを見せています。
「冬のさくらの木ライトアップ」を開催中。
美しく雪景色に浮かび上がらせ、新たな冬の観光
コンテンツにすることを目指すプロジェクト開始。
ライトアップ期間:2017/12/22(金)~2018/2/下旬
開始時間は日没~21:00
【問い合わせ先】弘前観光コンベンション協会
0172-35-3131

弘前公園HPへ


2018年1/17現在
●八甲田山の見頃情報
(青森県・青森市)

青森市の南側にそびえ、十和田八幡平国立公園の北側の一部で、
八甲田山という名前の山はない。1月から2月にかけて
見ごろを迎える樹氷鑑賞が楽しめる。
 
現在、八甲田山では樹氷が楽しめます。
【問い合わせ先】青森観光コンベンション協会
017(723)7211

八甲田山の樹氷HPへ



 2018年1/17現在
十和田湖の見頃情報(青森県・十和田市)

国立公園の十和田湖は、青森、秋田の両県
に、またがる東西10km、南北約8kmにわ
たり、海抜400mの大きなカルデラ湖。

現在、十和田湖湖畔では雪景色で、
しぶき氷が周辺に見られます。
「十和田湖 冬物語2018」を開催
開催期間2/2~25
【問い合わせ先】十和田市観光協会
0176-24-3006 

十和田湖の雪景色HPへ



2018年1/17現在
●奥入瀬の見頃情報(青森県・十和田市)

現在、渓流の滝は氷結し、
見事な氷柱が見られます。
渓流では、約14本の滝が点在しているので
様々な形の氷瀑を見ることができます。
光が差し込むとアイスブルーに輝く
氷瀑は、冬にしか見ることのできない
奥入瀬渓流の絶景です。
「奥入瀬渓流氷瀑ツアー」HPへ
【問い合わせ先】十和田市観光協会
0176-24-3006 

奥入瀬の雪景色HPへ





2018年1/17現在
●角館武家屋敷通りの見頃情報(秋田県・仙北市)

 
現在、武家屋敷は雪景色です。
「雪の武家屋敷ライトアップ」を開催
1月18日(木)~2月25日(日) 
16:30~22:00
武家屋敷 「岩橋家」で開催。
また味噌・醤油の醸造元、角館町の「安藤家」では、
お雛様の展示で春を先取り!角館押絵をはじめ、
お雛様がズラリと並んでいます。
【問い合わせ先】仙北市観光課
0187・43・3352



2018年1/17現在
●田沢湖の見頃情報
(秋田県・仙北市)

現在、田沢湖周辺は雪景色です。
【問い合わせ先】仙北市観光課
0187・43・3352

田沢湖観光情報センターHP



2018年1/17現在
阿仁の樹氷
(秋田県・北秋田市)

秋田県北秋田市の森吉山では、阿仁スキー場の
ロープウェーを利用して約15分、
標高1,200mの山頂駅から樹氷が観賞できる。
 
現在、樹氷はまだだが、霧氷は見られます。
【問い合わせ先】阿仁スキー場
(0186)82-3311

阿仁の樹氷HPへ



2018年1/17現在
山形蔵王の見頃情報
(山形県・山形市)

宮城県と山形県の両県南部の県境に
位置する蔵王連峰は、火口湖の
「御釜」が有名でスキー場も多い。
 
現在、蔵王では樹氷が楽しめます。
蔵王温泉スキー場では
『樹氷ライトアップ』を開催。
時間は17:00~21:00まで
期間1月13日、14日、20日、21日
1月27日~3月4日連日を予定。
(上り最終19:50まで)
【問い合わせ先】蔵王温泉観光協会
023-694-9328

山形蔵王の樹氷HPへ 


2018年1/17現在
●銀山温泉の見頃情報
(山形県・尾花沢市

 木造3階建てなどの宿が並び、
大正ロマン漂う湯の街として近年は人気の温泉街。
 
現在、銀山温泉は積雪があり、
温泉街は雪景色です。
【問い合わせ先】銀山温泉案内所
0237-28-3933

銀山温泉HPへ 


2018年1/17現在
●山寺の見頃情報

 (山形県・山形
松尾芭蕉が『奥の細道』で俳句を詠んだ 有名な寺。
駅名にもなっている山寺は、正しくは宝珠山立石寺。
 
現在、山寺周辺は積雪が多いです。
五大堂からの眺めは墨絵そのもです。
【問い合わせ先】山寺観光協会
023-695-2816
山寺の雪景色HPへ



2018年1/17現在
●裏磐梯の見頃情報
(福島県・北塩原村)

福島県北部に ある磐梯山、安達太良山、
吾妻山に囲まれた標高800メートル程度の
高原状の地域をいう。
 
現在、桧原湖周辺は氷結して積雪し雪景色です。
【問い合わせ先】裏磐梯観光協会
(0241)32-2349

裏磐梯ビジターセンターHPへ



2018年1/17現在
●大内宿の見頃情報
(福島県・下郷町)

宿場町として会津若松と日光街道の今市を結ぶ、
重要な街道の宿場町として賑わった。
 
現在、だいぶ雪が溶けてきました。
【問い合わせ先】大内宿観光案内所
0241-68-3611



HOME | 東北の見頃
  ページトップへ  
  Copyright ディスカバーニッポン. All Rights Reserved.