head内
  
東北の絶景バナー

絶景名のタイトル
山寺・立石寺(山形県・山形市)


 
絶景の画像

 
絶景の画像

 
 宮城県との県境にあり、860年に宝珠山に開かれた広大な寺。正式名所は宝珠山立石寺で、通称“山寺”と呼ばれるように、長い1100段の石段が続く。古くから名刹として知られており、元禄二年(1689)には俳聖、松尾芭蕉が奥の細道の紀行の際この地を訪れ「閑さや 岩にしみ入る 蝉の声」の名句を残した場所として知られる。今では33万坪の境内に、大小30余りの堂塔が残され、いたる処に亡くなった人の戒名を書いた後生車や卒塔婆がたてられ、岩壁には刻まれた岩塔婆、墓碑など至る処に納められているが、このような習慣は「死後の魂は山寺に還る」と云うこの地方独特の庶民信仰。山寺は霊場としての性格を今なお、色濃く残している。絶景のスポットとして有名。展望台にもなっている五大堂からの眺めは美しく、新緑、紅葉、さらに冬になると訪れる観光客の数も少なくなり境内の中でも雪が降り積もる山並みを望め、 雪化粧をした村が日常とは違った雰囲気を醸し出し、まさに絶景の水墨画の光景が眺められる。
2018イベント情報:
 
ケイ線の画像

見頃情報: 見頃の情報・東北の見頃
雪景色は 1月〜3月
ケイ線の画像

住所: 山形県山形市山寺
ケイ線の画像

HP: 山寺観光協会HPへ
ケイ線の画像

TEL: 023-695-2816
(山寺観光協会)
ケイ線の画像

拝観:料高校生以上300円 以下が200円
ケイ線の画像

営業時間: 8:00~17:00
ケイ線の画像

定休日:無し

アクセス: JR仙山線で山寺駅下車、徒歩7分〜8分
ケイ線の画像

車: 山形自動車道の山形北I.Cから15分
ケイ線の画像

駐車場: 民間の有料の駐車場のみで駐車料金は500円
ケイ線の画像

絶景の画像
 

バナーの画像
HOME | 山寺・立石寺

東北編

リンクボタン