head内
  
東北の絶景バナー

絶景名のタイトル
三春滝桜(福島県・三春町)


絶景の画像

 
絶景の画像

 
 日本を代表する桜の巨木として知られる滝桜は、わが国の桜を代表する巨樹として国の天然記念物にも指定され、岐阜県の淡墨桜、山梨県の山高神代桜とともに日本三大桜といわれる。桜の樹高12m。幹回り11m、枝張りは東西へ約25mもある。滝桜の名前の由来だが、四方に伸びた枝から紅色の滝がほとばしるように小さな花を無数に咲かせ、その模様は滝が流れ落ちるように見えることから呼ばれるようになったとも言われている。樹齢1000年以上と推定され、皇居新宮殿正殿の、松の間杉戸絵を飾る「桜」(橋本明治画伯)は、この三春の滝桜をモデルとしたことでも知られている。また、三春藩は手厚く保護し、周辺の畑の年貢を免除して柵を設けたほど。当時のことを三春盆踊歌では「滝の桜に手は届けども、殿の桜で折らない」と歌われている。見頃の時期には青白いLED照明に照らされ、昼間とは全く異なる風情が楽しめる。  
2018イベント情報:
 ライトアップ期間は4月6日(金)~4月15日(日)
ケイ線の画像

見頃情報: 見頃の情報・東北の見頃
4月中旬~下旬
ケイ線の画像

住所: 福島県田村郡三春町大字滝字桜久保
ケイ線の画像

HP: 三春町観光協会HPへ
ケイ線の画像

TEL:0247-62-3690
(みはる観光協会)
ケイ線の画像

料金:滝桜観桜料1人300円(中学生以下無料)
【徴収期間】開花宣言をした後から、観桜料をいただくこととなりました。
【徴収時間】午前6時から午後6時まで(ライトアップ期間中は午後8時30分まで)
ケイ線の画像

営業時間:随時
ケイ線の画像

定休日:無し

アクセス:JR磐越東線「三春駅」から約6.3㎞(開花時期のみ観桜バス運行)
ケイ線の画像

車: 磐越自動車「船引三春IC」から約7.3㎞
ケイ線の画像

駐車場:滝桜大駐車場に850台(大型駐車可)の駐車が可能です。
【駐車料金】無料
ケイ線の画像
 

バナーの画像
HOME | 三春滝桜

東北編

リンクボタン