絶景バナー

絶景名のタイトル
橋杭岩和歌山県・串本町)


 
絶景の画像

 
絶景の画像

 
 紀伊山地を背に潮岬が雄大な太平洋に突き出た、自然豊かな本州最南端の町が串本町。この町の海岸には大小約40の奇岩が見られる。串本町から熊野街道沿いに大島に向かい海に約850mもの長さでそそり立つ。直線上に岩が立ち並ぶ姿が橋の杭のように見えることから橋杭岩(はしくいいわ)と呼ばれ、弘法大師が一夜にして作ったという伝説が残る。橋杭岩は、およそ1500万年前に「熊野カルデラ」を形成した火山活動が風化浸食によって地上に現れわれたもの。 干潮時は中ほどの弁天島まで歩いて渡ることもできる。5月から11月にかけ岩の間に朝日が昇るが、その風景を写真に納めようと大勢のカメラマンが訪れる。この珍しい岩は、吉野熊野国立公園地域にあり、大正十三年に国の天然記念物に指定されている。また、毎年11月初旬「橋杭岩のライトアップ」が開催される。
2018イベント情報:
 
ケイ線の画像

見頃情報: 見頃の情報・関西の見頃
5月から11月にかけ岩の間に朝日が昇る
ケイ線の画像

住所:和歌山県東牟婁郡串本町くじ野川
ケイ線の画像

HP: 串本町観光協会HPへ
ケイ線の画像

TEL:0735-62-3171 
(南紀串本観光協会)
ケイ線の画像

料金:無料
ケイ線の画像

営業時間:随時
ケイ線の画像

定休日:無し

アクセス:JR紀勢本線串本駅より古座方面へ徒歩20分、タクシー5分
ケイ線の画像

車:紀勢道すさみ南ICから国道42号経由25km30分
ケイ線の画像

駐車場:有り、無料60台
ケイ線の画像
 
絶景の画像